WinCeph8 日本語版

(更新日: 2010/01/19)

with CASMAS版 ユーザー用

(更新日: 2010/01/19)

プログラムの更新手順

  1. ダウンロードしたファイルを実行します。
  2. 「プログラムの更新」ボタンを押します。
※注意: 言語およびバージョンシリーズ の違うWinCephがインストールされているフォルダに対してアップデートを行なった場合は、WinCephが動作しなくなります。

更新履歴

8.07b(2010/01/19)

・レントゲンの倍率設定が1.1倍以外の時にサマリーの判定が間違っていたのを修正

8.07a(2009/05/14)

・Lat.分析の外科シミュレーション印刷時に画像と作図がずれていたのを修正&実寸印刷に対応

8.07(2009/04/07)

・患者抽出の際の患者リスト表示の不具合を修正
・Lat.分析でユーザー作図を複数表示した状態でプロフィロ印刷等を行うと色が変わってしまうのを修正
・郵便番号データ入れ替え(2009/03/31更新版)
・Jarabak分析の"Upper gonial angle"と"Lower gonial angle"の計測をGoではなくGo'を使用するように修正
・Lat.分析の総合診断にて垂直的傾向の判断を訂正

8.06z(2009/03/25)

・ユーザー作図の追加に失敗することがあったのを修正

8.06y(2009/01/22)

・ユーザー定義ポイントの追加に失敗することがあったのを修正

8.06x(2008/03/19)

・Lat.分析の組み合わせ印刷で正常に表示されないことがあったのを修正

8.06w(2008/01/31)

・報告書にてプロフィロ等の表示ルーチンを改善&標準値ステージ数15個に対応
・郵便番号データ入れ替え(2007/12/28更新版)

8.06v(2008/01/25)

・画像取り込みルーチンを改良(海外OSでの文字化け対応)

8.06u(2008/01/17)

・Ricketts5の表示時にMVTO軟組織の追加ポイントが反映されていなかったのを修正

8.06t(2007/12/06)

・画像ビュアーのツールバー修正(Vista対応)
・スライドショー終了時のエラー改善

8.06s(2007/12/04)

・報告書作成時にテンプレートを使用し診断結果を貼り付けた場合に、ステージ選択が正しく行われないのを修正

8.06r(2007/11/19)

・他社患者情報取り込み時に未入力箇所は変更しないように変更

8.06q(2007/10/29)

・他社連動部分の変更(オプション機能)

8.06p(2007/07/27)

・Lat.分析画面にてRicketts5の重ね合わせにMVTOを表示させた際にS4のPMの位置がズレていたのを修正
・前歯の幅の設定を拡張
・起動時のデータベースフォルダのチェック方法を変更
・画像の取り込み位置が最後の枠になるように修正

8.06o(2007/06/04)

・Lat.分析画面にてMVTOを重ね合わせた際に軟組織が崩れていたのを修正

8.06n(2007/05/14)

・参照ログ書き込み機能の追加
・診断結果の表記を一部修正
・画像取り込み画面にお気入り設定の削除確認を追加

8.06m(2007/05/08)

・取り込み画像ファイルの種類にGIFを追加

8.06l(2007/03/19)

・Lat.分析にて重ね合わせ画像をファイル出力、スライドショー送信した際にトレース図がズレていたのを修正

8.06k(2007/03/15)

・報告書の起動時不具合修正

8.06j(2007/03/06)

・仮想ポイントの延長線上の点に角度指定を追加
・ユーザーポイントの一部が表示されない場合があったのを修正
・未定義のユーザーポイント追加確認を通常は行わないように変更(環境設定で変更可能)

8.06i(2007/02/26)

・自由テーブルによる検索が正常に行われない場合があったのを修正

8.06h(2007/02/23)

・Lat.分析にて過去分析のポイントコピー時にコピー元データが破損する場合があったのを修正

8.06g(2007/02/20)

・報告書にてプロフィロの表示が一部正常に行えなかったのを修正

8.06f(2007/02/15)

・MVTO分析の起動不具合を修正

8.06e(2007/02/09)

・側貌画面の前歯表示不具合を修正
・組み合わせ印刷にて実寸VTOが正常に印刷されなかったのを修正

8.06d(2007/01/29)

・画像管理画面にて吹き出し表示をONにした際にアプリケーションエラーが発生することがあったのを修正

8.06c(2007/01/25)

・画像処理に上下左右反転機能を追加

8.06b(2007/01/15)

・キャリブレーションの修正機能を追加
・過去分析のポイントコピー時にトレースポイントもコピーするように変更
・MVTO重ね合わせ時の前歯の描画を修正

8.06a.2(2006/12/25)

・報告書、組み写真、Lat分析にてDB画像参照時の画像表示順を修正
・Lat,PA分析での描画速度改善

8.06a.1(2006/12/18)

・報告書にて枠無しのポリゴン表を挿入した際に余分な線が出ることがあったのを修正

8.06a(2006/12/13)

・Lat,PA分析で重ね合わせ時のトレースが一部切れることがあったのを修正

8.06(2006/12/12)

・ユーザーポイントの標準座標を指定可能とした
・組み合わせ印刷、報告書にてポリゴン表のページ指定を可能とした
・Lat,PA分析に過去分析からのポイントコピー機能を追加
・Lat,PA分析に未指定ポイントの確認機能を追加
・画像管理にて取り込み画像が同一場所に重なって表示されるのことがあったのを修正
・Lat分析ポイント増設Gl,Pog(s),Me(s)

8.05h.2(2006/10/27)

・重ね合わせ時の前歯表示不具合修正

8.05h.1(2006/10/26)

・外科シミュレーションでU1、L1のみの移動を可能とした
・Lat.分析の一括印刷の不具合修正
・スライドショー内部処理一部修正

8.05h(2006/09/29)

・前歯表示不具合修正
・ポリゴン表の表示方法を変更

8.05g.8(2006/09/29)

・プロフィロ重ね合わせ平面の設定追加
・前歯の幅の設定を追加

8.05g.7(2006/08/09)

・組み写真にて日付の関連付けが正しく行われない場合があったのを修正

8.05g.6(2006/07/28)

・組み写真にて症例番号がテンプレートに保存できなかったのを修正
・報告書にてテンプレートから作成する際に症例番号が表示できなかったのを修正

8.05g.5(2006/07/12)

・組み写真のモザイクが印刷時にずれることがあったのを修正
・プロフィロの印刷位置調整

8.05g.4(2006/06/30)

・SDスケールのポリゴン表でCaseが0のときスケール値が正しく表示されていなかったのを修正

8.05g.3(2006/06/29)

・仮想ポイントで角度の2等分線の設定が正常に行えていなかったのを修正

8.05g.2(2006/06/27)

・報告書を開く際にアプリケーションエラーが発生する場合があったのを修正
・患者基本情報のコメントに改行が入らなかったのを修正

8.05g.1(2006/06/26)

・報告書でテンプレートが正常に読み込めていなかったのを修正

8.05g(2006/06/20)

・ポリゴン表の目盛りの右端にも数値を表示するように修正
・PA分析にて未使用ポイントを表示しないように修正
・仮想ポイントに延長線上のポイントを追加
・ユーザー作図の種類に円を追加
・報告書でアイテム数が60個を超えると正常に動作しないことがあったのを修正
・Lat.分析のトレース作成に簡易モードを追加

8.05f.1(2006/05/25)

・プロフィロ重ね合わせで標準図が反転することがあったのを修正
・組み合わせ印刷で実寸印刷設定を有効に
・作成済みの組み写真、報告書を開くときにロック状態となるように変更

8.05f(2006/05/16)

・郵便番号辞書を2006/4/28日版に変更
・生年月日に4桁以上の年が入れられるようになっていたのを修正
・組み写真保存時にテンプレートの枠を一緒に保存するように修正
・組み写真の自動作成が正常に行われない場合があったのを修正
・組み写真のモザイク処理が印刷時にも適用されるように修正
・報告書の文字入力時に枠を広くするように修正
・外科シミュレーションの動画再生時に最後の1コマが抜けていたのを修正

8.05f(2006/05/16)

・郵便番号辞書を2006/4/28日版に変更
・生年月日に4桁以上の年が入れられるようになっていたのを修正
・組み写真保存時にテンプレートの枠を一緒に保存するように修正
・組み写真の自動作成が正常に行われない場合があったのを修正
・組み写真のモザイク処理が印刷時にも適用されるように修正
・報告書の文字入力時に枠を広くするように修正
・外科シミュレーションの動画再生時に最後の1コマが抜けていたのを修正

8.05e(2006/02/09)

・画像管理画面にて撮影日を1000年以下にした画像が表示されなかったのを修正
・VTO顔面変形時に正常に変形できない場合があったのを修正
・スライドショーでページの削除などを行った場合に貼り付けアイテムがおかしくなる場合があったのを修正

8.05d.4(2006/02/09)

・画像取り込み時にファイルの更新日を撮影日として取得できなかったのを修正

8.05d.3(2006/01/21)

・頚椎年齢の計算ルーチン修正

8.05d.2(2006/01/07)

・模型分析にて側方歯群予測が無効の場合は計測結果を表示しないように修正
・インストール直後に患者カナの自動入力が全角になってしまうのを修正

8.05d.1(2005/12/19)

・画像取り込み方法を旧モードと新モードの2タイプから選択可能に

8.05d(2005/12/16)

・画像取り込み時のファイルソート機能の改善
・報告書・組写真の文字入力時にコピー&ペースト対応

8.05c.3(2005/12/06)

・外科シミュレーション画像をスライドショーへ送るときに必ず歯牙が表示されていたのを修正

8.05c.2(2005/11/29)

・画像取り込み時に読み取り専用属性が付かないように修正

8.05c.1(2005/11/17)

・メンテ画面を×で閉じると認証設定が外れるのを修正

8.05c(2005/11/15)

・組み合わせ印刷時に登録リストから選択すると、小さく表示されることがあったのを修正
・画像取り込み表示スピードの改善
・画像取り込みにプレビュー機能を追加
・画像取り込みの設定を追加
・画像取り込み時にJPEG画像が動画として取り込まれる場合があったのを修正
・画像取り込み時に一部の環境において画像ファイル一覧を取得できない場合があったのを修正
・画像管理の表示スピード改善
・模型分析保存に失敗することがあったのを修正
・模型分析のポリゴン表がSDモードで印刷・スライドショーにきちんと出力されていなかったのを修正
・組み写真編集で画面が更新されない場合があったのを修正
・Lat.分析のリケッツの表示にT.F.H.を追加

8.05b(2005/10/20)

・組み合わせ印刷時に選択項目がずれる場合があったのを修正

8.05a(2005/09/28)

・模型分析のポイントヘルプの間違いを修正

8.05(2005/09/05)

・個人情報保護法に対応する患者情報モードを追加
・画像管理 -画像ファイルの取り込みを改良し、よく使われるフォルダが登録可能になった。 -デジタルカメラで撮影された口腔内写真等の撮影日を画像の撮影日として使用可能になった。 -画像管理で画像の並べ替えを改良。 -その他の不具合を修正
・報告書作成 -画像選択を改良。 -文字の直接入力が可能になった。 -分析のポリゴン表、トレース、プフィロ、診断情報等の挿入が可能になった。 -ガイドラインを5本に増やした。
・組み写真作成 -画像の撮影日・年齢を使用したテンプレートの作成が可能に -目隠しのパターンとして、長方形とモザイクを追加。 -その他の不具合を修正。
・分析 -表示倍率の保存 -Lateral分析で上顎・下顎重ね合わせで上顎の重ね合せ軸がズレていたのを修正 -Lateral分析で表示倍率が1以外の場合、プロフィログラム印刷で重ね合せの倍率が間違っていたのを修正 -各分析画面で「画像をデータベースに保存」を行った際、画像管理ですぐに表示されないのを修正 -側貌歯牙の形状にSteinerを追加
・スライドショー -スピードアップ。 -ペ

8.01m(2005/05/27)

・MVTOの分析の表示不具合を修正。
・組み写真作成で50枚画像のテンプレートの場合は画像の貼り付けができなかったのを修正。

8.01l(2005/05/19)

・Ver. 8.01iから新規患者を登録する際、アプリケーションエラーが発生してしまったのを修正。
・LatとPA分析で重ね合わせのボリゴン表を印刷する際、NormalモードがSDモードになっていたのを修正。
・画像複製時の不具合を修正

8.01k(2005/05/14)

・ユーザー作図の水平・垂直が表示されない不具合を修正
・画像撮影日のカーソル移動を修正

8.01j(2005/05/11)

・Lateral分析の組み合わせ印刷時のプロフィロ・重ね合わせ作図の患者の年齢表記が間違っていたのを修正

8.01i(2005/05/09)

・画像管理画面で、複数日付でタイプ検索の場合、日付の表示ズレがあったのを修正。

8.01h(2005/04/25)

・Lateral分析でポリゴン表を印刷した後、ポリゴン表示が閉じてしまったのを修正。
・組み写真の表示・印刷で作成日を切り替えると、表示サイズが元(フリーサイズ)に戻ってしまったのを修正。
・組み写真の表示・印刷で作成日(コンボボックス)にコメント情報を追加。

8.01g(2005/04/21)

・スキャナのオートクローズ設定が無効になっていたのを修正

8.01f(2005/04/12)

・Lat.分析でMVTO重ね合せがずれる場合があったのを修正
・ver7.xよりのデータコンバートで組み写真がコンバートされない場合があったのを修正。
・旧バージョンの報告書のテンプレートがコピーされない不具合を修正。

8.01e(2005/04/04)

・症例検索の不具合を修正。
・スキャナーによってスキャナー画面がWinCephの後ろに表示されてしまったのを修正。

8.01d(2005/03/22)

・画像、報告書とスライドショーがバックアップされない不具合を修正。
・スライドショーで環境によって10ページ以上のスライドは作成できない不具合を修正。
・頚椎年齢の初期設定用の係数値が間違っていたのを修正。
・ファイルからの画像を取り込む時、動画ファイル検索の不具合を修正。
・分析定義ファイルの別名保存時、保存先が間違っていたのを修正。

8.01c(2005/03/08)

・データパス設定で、指定されたフォルダパスが最後に「\」が付かないとフォルダが作成されない不具合を修正。
・外科シミュレーションで、Moポイントによる回転の不具合を修正。

8.01b(2005/03/07)

・Lat、PA,模型分析で表示画像を”画像をデータベースに”、”画像としてファイル保存”、”スライドショーへ送る”の時、 画面の表示倍率が100%以外の場合は、作成された画像が小さくなる、または欠けるのを修正。
・”画像としてファイル保存”機能をPA,模型分析に追加。

8.01a(2005/02/24)

・7.5の組写真はテンプレートが入っている場合、コンバートされない不具合を修正。

8.01(2005/02/22)

・SCShootのアイコン変更
・CASMAS2.0のデータコンバート対応(with CASMAS版のみ)
・外科シミュレーション時のポイント移動距離の修正
・Lat.分析時に未使用のポイントが表示されていたのを修正