WinCeph9 日本語版

(更新日: 2015/06/04)

プログラムの更新手順

  1. ダウンロードしたファイルを実行します。
  2. 「プログラムの更新」ボタンを押します。
※注意: 言語およびバージョンシリーズ の違うWinCephがインストールされているフォルダに対してアップデートを行なった場合は、WinCephが動作しなくなります。

更新履歴

9.05.52(2015/06/04)

・Lat,PA分析にて、重ね合わせたポリゴン表の印刷が正常に行えない場合があったのを修正

9.05.51(2014/12/04)

・報告書にてプロフィロの原点がずれる場合があったのを修正

9.05.50(2014/12/04)

・Lat.分析のVTO印刷時のLingual/Labialの判定部分を修正
・外部プログラムから呼び出された際の初期表示画面の選択を可能とした

9.05.49(2014/08/04)

・模型分析のユーザーポイントの初期配置に座標値を反映するよう修正

9.05.48(2014/07/15)

・旧モードの画像取り込み時にJPEGの撮影情報を削除しないように修正
・手骨年齢の分析結果印刷時のラインの太さを調整

9.05.47(2014/07/02)

・Lat.分析の外科シミュレーション時の軟組織等の作図ルーチン改善

9.05.46(2014/06/18)

・患者新規登録時にアプリケーションエラーが発生する場合があったのを修正

9.05.45(2014/05/10)

・郵便番号辞書の更新(2014.4.30更新版)
・Lat.分析の標準トレース重ね合わせにて、上下顎のみの重ね合わせを機能を追加
・Lat.分析の標準トレース重ね合わせのステージ選択を修正

9.05.44(2014/04/25)

・PA分析の重ね合わせのポリゴン表の色設定が正しく反映してなかったのを修正
・CASMASグラフのラインの太さを調整

9.05.43(2014/02/24)

・患者リストでヘッダー部分の文字が表示されていなかったのを修正

9.05.42(2014/02/21)

・患者リストでのID、症例番号のソートの仕様を変更

9.05.41(2014/01/31)

・画像編集画面にて、範囲指定が正常に行えない場合があったのを修正

9.05.40(2014/01/15)

・ファイル取り込み画面でのファイル名ソートの仕様を変更(ファイル名の先頭が数値なら数値の大小で比較)

9.05.39(2013/10/30)

・組み写真編集時にアイテムを削除した際、貼り付けたロゴ画像の順番がずれるのを修正
・Lat.分析、PA分析の重ね合わせの分析表にて、変化量の表示種類を選択可能にした

9.05.38(2013/10/11)

・サマリーの線分析に"S'-Ptm'"を追加
・報告書にてプロフィログラムの重ね合わせが正常に行われない場合があったのを修正

9.05.37(2013/08/19)

・PA分析の分析平面の表示色設定が正しく反映されていなかったのを修正

9.05.36(2013/08/05)

・Lat.分析の原点設定が正常に記憶されていなかったのを修正

9.05.35(2013/08/02)

・Lat.分析の原点設定にて全てのポイントを使用可能とした
・リケッツの5パターン印刷でラインと患者情報が重ならないように修正
・リケッツ重ね合わせに"画像としてファイルに保存"メニューを追加

9.05.34(2013/04/05)

・患者リストにてメモ欄でソートした際の不具合を修正

9.05.33(2013/03/06)

・Lat.分析に標準トレース重ね合わせ機能を追加

9.05.32(2012/12/07)

・サムネイル画像にフィルタ処理を適用
・画像管理画面の背景を黒・白から選択可能とした
・患者画面の表示位置・状態を記憶するようにした

9.05.31(2012/11/21)

・サムネイル画像の表示解像度の設定を追加
・報告書の文字列枠での右クリックメニューにコピー・貼り付けを追加

9.05.30(2012/10/12)

・画面の表示位置記憶の不具合修正
・分析カスタマイズウィザードの不具合修正

9.05.29(2012/09/06)

・自由テーブルのアイテム数が100を越えた際に報告書等で表示されない不具合を修正

9.05.28(2012/07/17)

・患者削除時にリスト再読み込みを行わないように修正
・郵便番号辞書の更新(2012.6.29更新版)

9.05.27(2012/06/22)

・患者リストの表示位置・サイズを記憶するようにした
・報告書のページ入れ替えを可能とした
・PA分析にて正中線を指定する際にツ-ルバーの切り替えが正常に行われない場合があったのを修正

9.05z(2012/05/02)

・Lat.分析、PA分析にて組み合わせ印刷時に画像等を実寸で印刷するかの設定を追加
・郵便番号辞書の更新(2012.3.30更新版)

9.05y(2012/04/02)

・Lat.分析、PA分析にて重ね合わせの計測値にも0.5単位を適用するように修正

9.05x(2012/03/21)

・Lat.分析にて標準プロフィロのサイズを変更した際に原点からずれた位置に表示されることがあったのを修正

9.05w(2012/02/02)

・報告書にてプロフィロ貼り付け時に選択したものと違うプロフィロが表示される場合があったのを修正
・Lat.分析にて重ね合わせ表示のON/OFFアイコンをツールバーに追加
・手骨年齢の分析リストから情報表示を行った際に間違った画像が表示されていたのを修正

9.05v(2012/01/18)

・郵便番号辞書の更新(2011.12.28更新版)
・郵便番号辞書にて住所検索時に備考欄の情報も表示
・「ダイマクシスプロ」、「ロメキシス」(株式会社ジーシー)との連動機能追加

9.05u(2012/01/13)

・Lat.分析にてトレースをフリーラインのみで作成した際に歯牙が正しく表示されていなかったのを修正
・リケッツ図の軟組織描画でポイントの順番が入れ替わることがあったのを修正

9.05t(2011/10/24)

・VTOシミュレーションにて動画再生を行った際にハングアップする場合があったのを修正

9.05s(2011/10/11)

・Lat.分析にてプロフィログラムの標準値ステージを手動で変更した場合に、分析のステージも同名のステージを選択するように変更

9.05r(2011/09/28)

・報告書にて、作成日・コメントのみ編集後に閉じた場合、保存確認が出なかったのを修正

9.05q(2011/09/15)

・Lat.分析にてCO-CRコンバージョンを行った際に、重ね合わせ等に反映できるようにした

9.05p(2011/09/07)

・ポリゴン表をスライドショーへ送る際のサイズ設定を追加

9.05o(2011/09/06)

・Lat.分析の外科シミュレーション重ね合わせにて、最後の処置が適用されていなかったのを修正

9.05n(2011/08/19)

・自由テーブルの情報が正常に登録されない場合があったのを修正
・報告書に紹介医・掛かりつけ医を貼り付け可能とした(OD-Worksとの連動が必要)

9.05m(2011/08/02)

・分析表の計測値を0.5単位で表示可能とした
・VTOの軟組織描画を改善

9.05l(2011/07/28)

・総合サマリーの判定ルーチンを改善
・分析画面のフィルタ処理を改善
・Win98で起動に失敗していたのを修正

9.05k(2011/07/04)

・指定患者データの抽出時に模型の手動入力値が抜けていたのを修正

9.05j(2011/06/22)

・分析の表示順を初期時に日付順にソート

9.05i(2011/06/07)

・ファイル取込の動作を一部変更

9.05h(2011/05/31)

・分析画面の描画速度を改善
・組み写真の画像回転処理等を改善(shift+マウス右ドラッグで回転、shift+マウスホイールでズーム)

9.05g(2011/05/20)

・分析画面のフィルタ処理を改善

9.05f(2011/05/16)

・自由テーブルの表示順入れ替え&表示・非表示選択に対応
・Lat.分析の重ね合わせのポリゴン表を印刷した際のラベル色とライン色が異なっていたのを修正

9.05e(2011/05/12)

・組み合わせ印刷にてプロフィログラムが正常に出力されない場合があったのを修正

9.05d(2011/05/09)

・郵便番号辞書の更新(2011.4.28更新版)
・画像重ね合わせを画像に設定されている解像度を用いて行うように変更

9.05c(2011/04/19)

・2値化トレースの描画処理を改善
・PA分析でトレース作成時にポイントを表示するように修正
・指定患者データの抽出取り込みで氏名・生年月日等でもチェック可能とした
・プロフィロ印刷時に基準平面を原点以外にした際に重ね合わせデータの角度がずれていたのを修正

9.05b(2011/02/01)

・組み写真にてテンプレートの順番、選択画面のサイズを変更可能とした
・組み写真にて枠に分割指定(マス目)を追加
・組み写真にてアイテムに初診日を追加
・LASの固定の問題の表にて、Line12,13の再計算部分を修正

9.05a(2011/01/21)

・報告書・組み写真の日付書式を変更できるようにした

9.05(2011/01/13)

・LAS治療画像の呼び出し機能&Lat.分析の測定モードにLAS作図を追加

9.04s(2010/12/07)

・重ね合わせのポリゴン表の計測値ラインが正しく表示されていなかった(Vre 9.04q以降)のを修正

9.04r(2010/11/30)

・組み写真、報告書にて文字の配置位置、患者情報への敬称等の指定を可能に
・LASの動作一部変更(Step4の治療期間の自動計算)
・測定モードの計測値表示を一部修正

9.04q(2010/11/10)

・組み写真の削除時に確認画面を表示
・PA分析に組み合わせ印刷を追加
・組み合わせ印刷からクリップボードへコピーする機能を追加
・LASの動作一部変更(ネットの振り分けと後方スペース確認の警告)
・計測値の重ね合わせ表示にコメントを追加

9.04p(2010/10/26)

・Lat.分析にN-rotation(ANS-PNS基準でNを回転移動)機能を追加

9.04o(2010/10/19)

・報告書の患者情報にて自由テーブルを選択可能とした
・LASの表記を一部修正

9.04n(2010/10/04)

・ポリゴン表、重ね合わせ等をスライドショーへ送る、または画像に保存する場合のサイズ等を改善
・Lat.分析、PA分析のトレース修正中にカーソルを表示
・LASの表示を一部変更

9.04m(2010/09/15)

・LASのSN-Mの計測を変更
・LASのライン12、Step4の計算を修正
・Lat.分析のユーザー作図に歯牙のON/OFFを追加

9.04l(2010/08/30)

・郵便番号辞書の更新(2010.7.30更新版)
・画像の自動取り込み機能を追加
・LASのStep2,4の計算と表の一部を修正

9.04k(2010/08/20)

・Lat.分析の外科シミュレーションにて軟組織ラインの描画を改善
・Lat.分析の外科シミュレーションにて作図をプロフィロに変更可能とした
・Lat.分析の外科シミュレーションにて作図をプロフィロに変更した場合に標準値も表示可能とした
・Lat.分析の重ね合わせメニューに外科シミュレーション重ね合わせを追加
・画像編集に左右顔面の比較を追加
・mp4形式の動画に対応(要QuickTime)

9.04j(2010/07/02)

・Lat.分析で重ね合わせ設定を行った後の印刷時の不具合修正
・ポリゴン表をスライドショーへ送る、または画像に保存する場合に2ページ目以降が出なかったのを修正

9.04i(2010/07/01)

・点線の印刷を改善

9.04h(2010/06/25)

・報告書の目隠しを四角にできるように修正
・Lat.分析のプロフィロ、重ね合わせ印刷時に分析コメントを表示可能とした
・患者の新規登録時にIDの重複をチェックする機能を追加
・点線の印刷時にラインの太さ調節を反映するように修正
・重ね合わせのポリゴン表でSD表示がずれる場合があったのを修正

9.04g(2010/05/28)

・作図の種類に曲線を追加
・患者の基本情報画面を一部変更(モバイルPC対応)

9.04f(2010/05/14)

・Lat.分析の組み合わせ印刷時に歯牙がずれて表示されることがあったのを修正

9.04e(2010/05/06)

・Lat.分析の外科シミュレーション印刷時にラインが正しく表示されない場合があったのを修正

9.04d(2010/04/22)

・Lat.分析にて「計測値と変化量」の表示スピード改善
・Lat.分析にて「計測値と変化量」を組み合わせ印刷可能とした

9.04c(2010/04/14)

・ポリゴン表印刷時にライン太さの設定が反映されていなかったのを修正

9.04b(2010/04/12)

・画像管理の画像プロパティにてキャリブレーションを選択可能とした
・画像管理から複数枚まとめてスライドショーへ送信可能とした
・メンテに削除済み患者の復元機能を追加

9.04a(2010/03/25)

・報告書にて年齢と作成日の連動を可能とした
・報告書からのスライドショー転送を可能とした
・模型分析の描画を一部改善

9.04(2010/02/22)

・抽出・取込み時に画像・動画以外のファイルにも対応
・PA分析の外科シミュレーションがスライドショー転送出来なかったのを修正

9.03s(2010/01/19)

・レントゲンの倍率設定が1.1倍以外の時にサマリーの判定が間違っていたのを修正

9.03r(2009/12/26)

・印刷時のラインの太さ調節を可能にした(環境設定にて)

9.03q(2009/12/10)

・MVTO画面にて作図のON/OFFを追加
・Lat.分析の軟組織の描画改善(Me(s)近辺)

9.03p(2009/11/20)

・データベースが破損している場合はサブディスクのコピーを中断するようにした
・Lat.分析の組み合わせ印刷時に未指定のポイントがあった場合の不具合を修正

9.03o(2009/09/29)

・Lat.分析の口唇移動シミュレーションの動画再生を修正

9.03n(2009/08/26)

・外科シミュレーションにて各ポイントの総移動量の表示を追加
・Lat.分析の外科シミュレーション時に簡易作図表示を可能にした

9.03m(2009/08/19)

・Lat.分析の口唇移動シミュレーションにて顎部分の移動を改良
・PA分析にてポイントの表示をOFFにしてもマウスが近付くと表示されてしまう不具合を修正

9.03l(2009/07/31)

・ver 9.03kにて一部のPCで初期化に失敗などのメッセージが表示され起動に失敗することがあったのを修正
・トレースを表示した状態で、画像保存、スライドショー貼り付けを行った際の不具合を修正

9.03k(2009/07/30)

・画像の描画、印刷の仕様を一部変更

9.03j(2009/07/28)

・DICOM画像の取込対応(オプション)
・報告書にて印刷時の歯式ラインの太さを改善
・患者の基本情報にメモ欄を追加
・Lat.分析の原点を分析毎に記憶するように変更

9.03i(2009/07/16)

・トレースラインの点線描画を改善
・画像重ね合わせ時に任意の解像度に合わせて各画像の大きさを調整できるようにした
・画像管理画面にてドラッグで画像の入れ替えを可能とした(日付とTypeが同じ場合に限る)

9.03h(2009/06/16)

・Lat.分析のトレース自動作成を改良
・症例項目の追加の不具合を修正
・報告書のテンプレートに患者カナ名を張り付けた際の不具合を修正
・Lat.分析のリケッツ印刷をスライドショー、画像保存した際に刻印名が正しい位置に表示されていなかったのを修正

9.03g(2009/06/12)

・プロフィロのカスタマイズに"上顎と下顎を結ばない"設定を追加
・症例テーブルのソート・非表示設定を可能とした

9.03f(2009/06/05)

・Lat.分析のVTOモーフィングをスライドショーへ送信する際に作図のON/OFFが反映されるように修正
・Lat.分析からリケッツ5をスライドショーへ送信する際に前歯が正しく描画されない場合があったのを修正
・Lat.分析から上顎・下顎重ね合わせをスライドショーへ送信する際に正しく送信されない場合があったのを修正

9.03e(2009/06/01)

・患者リストのテキスト出力時にタイトル行を " で囲った
・患者リストのテキスト出力の形式を記憶するようにした

9.03d(2009/05/27)

・患者検索画面で[Enter]キーで確定[OK]となるように動作変更
・Lat.分析で患者ステージの設定が非表示となっていたのを修正(Ver 9.03c のみ)

9.03c(2009/05/21)

・報告書で指定ページに直接移動できるようにした

9.03b(2009/04/28)

・Lat.分析で軟組織ポイントが未配置の場合プロフィロ印刷時のサイズが用紙に合わないことがあったのを修正
・外部への画像吐き出しの機能拡張(オプション)

9.03a(2009/04/15)

・PA分析の正貌画像重ね合わせ時にトリミングした状態だと2点指定での位置合わせがずれてしまうのを修正
・Lat.分析で標準プロフィロの任意移動・回転・サイズ変更を可能とした
・Lat.分析の組み合わせ印刷での初期化処理を改善
・組み写真の貼り付けアイテムに生年月日を追加
・担当医・治療状態テーブルの並べ替え&非表示設定を追加

9.03(2009/04/06)

・PA分析に外科シミュレーション機能を追加
・患者抽出の際の患者リスト表示の不具合を修正
・新規模型分析時の保存不具合を修正
・個人情報保護モード時の画像表示・非表示設定を追加
・Lat.分析でユーザー作図を複数表示した状態でプロフィロ印刷等を行うと色が変わってしまうのを修正
・Lat.分析、報告書にてトレースのみ表示の場合は歯牙をトレースと同色で表示するように変更
・画像取り込み時にお気に入りフォルダ内の患者IDのフォルダを自動で開く機能を追加
・郵便番号データ入れ替え(2009/03/31更新版)

9.02h(2009/03/19)

・組み写真の貼り付けアイテム数拡張(テンプレート枠と画像合わせて100個まで)
・スライドショーの印刷にてページ設定が正しく行えない場合があったのを修正
・Lat.分析の外科シミュレーションにて軟組織の移動パラメータを記憶可能に
・画像合成にて表示倍率の設定を追加
・サブディスクへのコピー実行の際にコピー先ドライブへのアクセスに失敗したらメッセージを表示するように修正

9.02g(2009/02/04)

・初回起動時にデータベースを自動で作成するように変更

9.02f(2009/01/19)

・ユーザー定義ポイントの情報が正しく保存されない場合があったのを修正

9.02e(2009/01/05)

・Lat.分析の側貌画像変形の不具合を修正
・Lat.分析,PA分析の順次ポイント配置のカーソル移動、スクロールを改善
・組み写真作成時に生年月日が未入力の場合は年齢を表示しないようにした
・LASの入力方法を修正

9.02d(2008/12/24)

・Lat.分析の組み合わせ印刷でサマリーが登録できない不具合を修正
・Lat.分析の重ね合わせ印刷で歯牙が表示されない場合があったのを修正

9.02c(2008/12/17)

・Lat.分析のサマリーの総合にて垂直的傾向の判断を訂正

9.02b(2008/12/08)

・Lat.分析のRicketts 5 でVTOの原点、軟組織ラインの一部不具合修正
・Lat.分析のRicketts印刷のレイアウト変更
・複数選択しての画像吐き出し時にファイル名に撮影日を自動付加
・LASの画面を画像ファイルとして保存可能に
・LASのA点の取り方を変更
・過去分析からのポイントコピーの際にサイズ固定に出来るようにした

9.02a(2008/11/27)

・Lat.分析のRicketts印刷でFaical Patternの判定の誤りを訂正
・患者情報連携の機能を一部修正

9.02(2008/11/20)

・画像管理にて画像・動画以外のファイルも取り込み可能とした
・Lat.分析のRicketts印刷を変更
・側貌画像上にポイントを表示
・VTO作成の際にMolar Relationの設定を追加(ClassⅠ/ClassⅡ/ClassⅢ)
・起動時のデータベースフォルダチェックのルーチンを変更
・郵便番号データ入れ替え(2008/10/28更新版)

9.01u(2008/10/29)

・Lat.分析にJarabakの作図を追加(右上の測定モードより選択)
・画像比較画面で1画面の時は選択枠を表示しないように修正
・患者リストからテキスト出力を可能とした
・組み写真、報告書の文字列の背景色を変更可能に

9.01t(2008/10/21)

・Lat.分析のリケッツ5表示で軟組織がくずれる場合があったのを修正

9.01s(2008/09/25)

・VTO描画ルーチンの改善
・Ricketts印刷の画像保存、スライドショーへの送信対応
・報告書にトレースを張り付けた際に描画位置がずれることがあったのを修正

9.01r(2008/08/07)

・報告書印刷時に画面を下方にスクロールしていると文字が表示されなくなることがあったのを修正

9.01q(2008/07/30)

・報告書にて文字枠に日付等を挿入した際に動作が不安定になることがあったのを修正

9.01p(2008/07/24)

・組み写真表示にて画像をマウス右クリックした場合に画像を拡大表示する機能を追加
・Lat.分析にてプロフィログラムのステージを変更する際に年齢ステージも変更できるようにした

9.01o(2008/07/09)

・外科シミュレーション画面での印刷時に実寸での印刷を可能にした

9.01n(2008/06/30)

・画像ビュアーでの動画サポート
・分析ポイントのカスタマイズ後にボタンの文字が消える等の現象を改善

9.01m(2008/06/26)

・報告書のパフォーマンス改善

9.01l(2008/06/16)

・リケッツ印刷にて成人の平均値に誤りがあったのを修正

9.01k(2008/06/06)

・画像比較画面のツールバーに1×1のボタンを追加
・Lat.分析の外科シミュレーションにてトリミングを行った際の移動座標保存に失敗していたのを修正

9.01j(2008/06/04)

・報告書・模型分析・PA分析にて複数ページ印刷時の不具合(終了ページの指定ができない)を修正

9.01i(2008/05/19)

・Lat.分析の口唇移動シミュレーションにて移動ポイントの座標計算のズレを修正

9.01h(2008/05/14)

・リケッツ印刷時の右半分の文字サイズを拡大
・Lat分析・スライドショーにて複数ページ印刷時の不具合(終了ページの指定ができない)を修正

9.01g(2008/05/01)

・リケッツ印刷にてPogの距離計測がPog(R)ではなくPogを使用していたのを修正

9.01f(2008/04/22)

・報告書のパフォーマンス改善(使用メモリ量の軽減)

9.01e.1(2008/04/18)

・顎運動解析(オプション)にて旧データの読み込みルーチンを修正

9.01e(2008/04/01)

・郵便番号データ入れ替え(2008/03/31更新版)
・報告書にて文字枠を新規で追加した直後にテーブ等の情報を入力できなかったのを修正
・Lat.分析のプロフィログラムの印刷時に重ね合わせの軟組織ラインが表示されない場合があったのを修正

9.01d(2008/03/27)

・Lat.分析のプロフィログラムの印刷時に標準の軟組織ラインが印刷されなかったのを修正
・自由テーブルを10個に拡張

9.01c(2008/03/25)

・リケッツ印刷用の標準値ファイルの解凍に失敗する場合があったのを修正
・報告書にて文字列関連のパフォーマンス改善
・報告書にてプロフィロのサイズ調整を可能とした

9.01b(2008/03/19)

・Lat.分析の組み合わせ印刷で正常に表示されないことがあったのを修正
・抽出時に動画ファイルが正常に保存されていなかったのを修正

9.01a(2008/03/12)

・Lat.分析にメモ入力欄を追加
・軟組織ラインにGl,Vmi等新しいポイントを加えられるようにした
・報告書にて文字入力中に画面をスクロールした際の不具合を修正
・CASMASの成長グラフにて身長・体重の0(未入力)を結ばないように修正

9.01(2008/02/15)

・患者情報のテキスト取り込みに症例番号追加
・共通設定の初期値を有効に
・リケッツ印刷の標準値取得ルーチンの修正
・サブディスクのファイルコピーにて特定のファイルがある場合にランタイムエラーが発生していたのを修正
・仮想ポイントの最大個数を100に増加
・画像管理にて複数選択し画像情報を開いた場合の各項目の値を変更

9.00j(2008/02/04)

・報告書にてアイテム削除時に別アイテムの文字が消えてしまう場合があったのを修正

9.00i(2008/02/04)

・サブディスクへのファイルコピー時に更新日の新しいもののみコピーするように変更
・報告書にて外部画像を張り付けた際に設定に応じて解像度が低くなってしまうのを修正

9.00h(2008/01/31)

・報告書にてプロフィロ等の表示ルーチンを改善&標準値ステージ数15個に対応
・郵便番号データ入れ替え(2007/12/28更新版)

9.00g(2008/01/30)

・スキャナからの画像取り込み時の並び順を変更

9.00f(2008/01/29)

・Lat.分析の組み合わせ印刷にてサマリーを指定した際の不具合を修正

9.00e(2008/01/29)

・報告書にてテンプレート挿入と追加を可能にした
・PA分析のお気に入り作図を記憶しない不具合を修正
・PA分析の正中線設定に垂線を追加
・画像取り込み画面にてフォルダ名の取得ルーチンを変更(他国言語対応)

9.00d(2008/01/23)

・報告書でのテンプレート読み込み不具合を修正
・Lat.分析、PA分析の顔面写真画面をDBへ登録可能とした
・画像ビュアーにて画面切り替わり中のカーソル形状を変更
・模型分析削除時の不具合を修正

9.00c(2008/01/16)

・報告書にてテキストを追加した際に正常に印刷・テンプレート登録が行えなかったのを修正

9.00b(2008/01/10)

・模型分析にて分析画像を閉じた場合にアプリケーションエラーが発生していたのを修正
・画像ビュアーの分割数を最大9×9に拡張

9.00a(2007/12/19)

・報告書にて"診断結果"を"サマリー"に変更

9.00(2007/12/14)

・Ver.8データのコンバート改良
・外科シミュレーションにてMeを回転させた時の不具合解消
・線種・色の設定などを記憶しない場合があったのを修正